HOME国際文化教室会議・活動作品展示会東京長寿会ご意見・ご感想

 

 

会長挨拶

婦人会紹介

 

婦人会 写真

 

 


《 婦人会 行事 》


   婦人会活動 動映像

 第2回国際伝統文化フェスティバル  

● 2014年婦人会東京本部送年会    

● 2014年 婦人会東京本部発表会   

  ●行事予定

第32回 国際文化作品展示会

本国訪問研修

 2013

在日出会いの場

婦人会東京本部1日研修会

第229回関東大研修会

25回定期地方委員会

国際伝統文化教室

 

  2012

2012年度会議・活動

2012年国際作品展示会

14回長寿会(2012)

 

 

36回 国際文化作品展示会

 

20171025日〜26日の二日間中央会館大ホールにて、

本会河貴明会長を中心に婦人会中央本部楊東順副会長、

民団東京本部金秀吉団長、李壽源監察委員長、李讃範総領事、

東京日韓親善協会連合会保坂三蔵会長をはじめ多数の来賓を

お迎えし、正午にテープカットから始まりました。

河貴明会長は「毎年展示会を開催しているが、

年々レベルが上ってきている。この展示会を通して韓日文化交流が

進み韓日関係がより良くなることを願っている」と語り「母の力と

輪の力で民間ができる交流に積極的に取り組む」と述べました。36

回を迎えた今年の展示会は300人が参加し、700点の作品が展示さ

れ、日本の方々も素晴らしい作品を出品して下さいました。民間の

交流として、東京日韓親善協会からは絵画、書道、川柳会メンバー

の川柳などを出品されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35回 国際文化作品展示会

2016101819日の2日間中央会館大ホールにて、

本会河貴明会長を中心に民団東京本部金秀吉団長、

李壽源監察委員長、金容吉総領事、

東京日韓親善協会連合会保坂三蔵会長をはじめ多数の来賓をお迎えし

正午にテープカットから始まりました。

 

河貴明会長は「今年は各支部が競争して昨年より良い作品を作ろうと努力した。

各支部の会長が作品作りを通して親睦を図り、多文化共生社会を形成し、

一つになって互いに助け合いながら韓日の架け橋になることにこの展示会の意味がある」と述べました。

 

 35回を迎えた今年の展示会には約300人が参加し、

800点の作品が展示され、日本の方々も沢山の素晴らしい作品を出品して下さいました。

民間の交流として東京日韓親善協会からは絵画、書道、写真パネル、

川柳会メンバーの川柳などを出品されました。

今年も21支部が書道、絵画、パッチワーク、韓紙工芸、各種縫製物、生け花、

子指ぐらいの大きさの折り鶴でデコレーションしたツリー、

台風10号で被災した岩手県岩泉町に贈るために

一枚一枚縫い上げたカラフルな復興雑巾、南北統一を願いブローチで描いた韓半島、

駐日韓国大使館に寄贈されたシルクの布地を使って制作した無窮花のオートクチュール・フラワー等、

会員たちの苦労と喜びを感じられる力作が出品され来場者の目を惹きつけました。

各支部会長、役員、会員の皆様のご協力により

国際文化作品展示会が盛大に開催し大盛況に終わることが出来、心から感謝申し上げます。

これからもご支援、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

婦人会東京本部 第34回 国際文化作品展

 

在日韓国婦人会東京本部(河貴明会長)主催の「第34回国際文化作品展」が

2015年10月8日〜9日、東京・南麻布の韓国中央会館で開かれました。

 約300人が、書画、油絵、陶磁器など約550点の力作を出品しました

(日本人45人含む)。

河貴明会長は 「今年も21支部の会員が、心を込めて作った作品を並べることが

出来た。 同展は支部の活性化と団結にもつながる。

また今年も日本の人々が数多くの作品を出品してくれたことは、韓日友好にも

つながる。今後も継続したい」 と話しました。

 婦人会東京は11月6日〜7日、浅草で開かれる「日韓グルメフェア」にも

屋台を出し、文化交流に貢献する予定です。

 

 

33回 国際文化作品展示会 開催 案内

      

    作品出品に観覧者動員に積極協力して下さるよう

    お願い致します。

 

(1) 日 時 : 2014 1022() 12時〜1630

       1023() 11時〜15

   ※ テープカット : 1022() 12

(2) 場 所 : 韓国中央会館 8F 大ホール

(3) 作品搬入日: 1017()20() 11時〜16

    但し、生花の生け込みは1021()13時〜15

  作品搬入場所: 本部 事務所

(4) 作品撤収: 1023()15時より

(5) 出品者には記念品を準備しております。

(6)子供の作品、男性の作品、日本の方、近隣のアジアの方の          

          作品 大歓迎 致します。

(7) 作品出展自由

   例: 書道、手芸、絵画、生花、造花、パンフラワー、

アートフラワー、編物、写真、工作品、洋装、 シャドーボックス、ステンドグラス、

パッチ ワーク その他

※出品者名単は支部長会議開催案内公文に同封しました用紙に記入

の上107()迄に提出して下さい。

107()27期第13回支部長会議には是非文化部長と一緒に

参席して下さる様お願い申し上げます。

※不明な点がございましたら婦人会東京本部にお問合せ下さい。

 (TEL:03-3454-8190)

 

 

31回国際文化作品展示会2012.10.2425)

 

 

 婦人会東京本部(河貴明会長)は1024日から2日間にわたり、中央会館8階大ホールにおいて「第31回国際文化作品展示会」を開催した。 
24
日のオープニングには婦人会中央本部の余玉善会長、民団中央本部から呉公太団長と韓在銀監察委員長、民団東京本部からは金龍濤団長をはじめ金秀吉議長、李壽源監察委員長らが参席した。また、駐日大使館から金辰植総領事、日韓親善協会連合会保坂三蔵会長 の他、多数の来賓が参席する中、12時にテープカットが行われた。
河貴明会長は「毎年行われるにもかかわらず、出される作品は年々その数や作品の種類の変化をみると皆様のレベルアップにびっくり致しました。作品展示会が盛大に開催されたことは、各支部長をはじめ、会員の皆様のご協力によるものです。感謝いたします」と挨拶した。

 

 

  今回の作品展の出品者は小学生から92歳まで幅広い世代の作品が出品された。各支部婦人会の共同作品や焼き物、絵画、書道、手工芸、編み物、写真、韓紙工芸、日本の方の短歌、川柳等、総326名が参加し、600点を超える作品が展示された。出品展示された作品はどれもが高度なテクニックと技術の高さに訪れた人を驚かせた。毎年の恒例行事となっている作品展示会に各支部の婦人会は出品作品の制作に何か月もかかって完成するものもあり、この展示会に向けた情熱や結束力を感じさせる作品が多かった。

東京日韓親善協会連合会会長保坂三蔵夫妻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright Hujinkai Tokyo All Rights Reserved.   - Webmaster Mail : hujinkai@mindan-tokyo.org -
1-7-32 Minamiazabu, Minato-ku, Tokyo, Japan TEL : 03-3454-8190  FAX : 03-3455-5916